忘年会の新米幹事に必要なのは、この3つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

忘年会&新年会の幹事を任されちゃったけど何をしたらいいの??とお困りのあなた!この記事を読めばきっと、もっと気楽に前向きに幹事に取り組めますよ^ ^めんどくさい、気が重い・・・とお嘆きかもしれませんが、人脈を広げたり自分を成長させるチャンスです!やり遂げて気持ちよく新年を迎えましょう( ´θ`)ノ

幹事の心構え

忘年会の季節がやってきてしまいましたね。。。。
社会人になって飲み会の幹事を任されると、“何をしたらいいか分からない”・“めんどくさい”・“やりたくない”といったマイナスの気持ちで溢れてしまうと思います。

 

でも、任されてしまった以上もう腹をくくるしかありません!!
今後の自分の糧となるプラスのことをたくさん考えて、“めんどくさい幹事”を自分にとって価値のあるものに変えてしまいましょう・:*+.\(( °ω° ))/.:+そうでもしないとやってらんないですよね。笑

 

幹事経験ではこんなことがプラスになるかもしれません

  • スケジュール管理や段取り力など仕事にも活かせる力がつく
  • 人脈を広げたり、人の名前を覚えたりするチャンス
  • 仕事だけでは分からない人柄を知れたり、お得情報をゲットできるかも
  • どのような姿勢で取り組んでいるかやあなたの人柄を周りの人に知ってもらうチャンス

 

3つのポイントを押さえろ!

 

  1. 一人でやろうとせず人に頼る
  2. 幹事経験者の意見をあますところなく聞く
  3. とにかく一生懸命やる

 

「とにかく一生懸命やる」・・・えっ?漠然としすぎてない??って思いました?
でも、詰まる所そこが一番重要だと思います。

 

幹事はやることが多いです。スケジュールや予算などの管理、連絡メールや参加者の名簿作り、どんなタイミングの挨拶をどんな立場の方にお願いするかなどの社会人として知っておくべきマナーや知識、いろいろなことが必要とされます。

だからこそ、はじめから全てを完璧にやるなんて無理だと思っていたほうがいいです。だってきっとあなたに求められているのは“完璧にこなすこと”ではないから。

 

様々な人たちと関わって、いろいろな問題に直面して、時には失敗して、そんな中であなたが成長していくことが大切なんです。それに、あなた自身もそんな風に思っていたほうが気が楽じゃありませんか^ ^?

 

だからまずは、頼り方を覚えましょう。一生懸命やりましょう。それは後々、あなたの大きな武器になります!

 

幹事経験者の人にこんな質問をしよう

幹事をやることが決まったら、まずは幹事経験者の人を探して相談しましょう!
特に、なるべく近年開催された宴会の担当者か、新年会の場合は忘年会担当者に相談して内容が被らないようにするといいですよ。

 

但し、手ぶらで相談に行ってはいけません。頼り方のポイントは相手に丸投げしないことです。

まぁ、初めのうちは「何をどうしたらいいかさっぱり分かりません」と正直に言うのも可愛いかもしれませんが、ずっとそうしている訳にもいきませんし、相手にも無駄な時間を取らせてしまいます。
だから、ある程度訊きたいことをまとめたり、自分なりの答えを用意して相談に行きます。

 

そこで、幹事の内容をグッと具体的にするために、こんな事を訊いてみましょう!

  • だいたい何人くらい参加しましたか?
  • 予算はどのくらいでしたか?
  • お店はどんな基準で選びましたか?
  • 司会や挨拶はどなたにお願いしましたか?
  • 余興などはやりましたか?
  • 集金はどんな方法で行いましたか?
  • その他お決まりでやっていることなどはありますか?

 

こういった“話のタネ”を持っていくことによって、相手も「あぁ、それはね・・・」とその事柄に関することをピンポイントで思い出しやすくなります(^o^)

 

その他、だいたいのスケジュールやお知らせするメールの内容、お会計の際の領収書についてなどは話しているうちに出てくるかもしれませんし、つまづいたらその都度確認すれば大丈夫です。ただ、相手に貴重な時間を割いてもらっているという謙虚な姿勢は忘れないようにしましょう!

 

あなたが一生懸命取り組んでいれば、相手も頼られて悪い気はしないものです(´∀`)

 

もう少し自分でも調べておきたい・・・

そうはいっても、もう少し下調べしておきたいな・・・という人にオススメなのが、成功する忘年会は幹事が肝心!「事前の準備」と「当日の心得」のポイントという記事です。

 

こちらは、研修やセミナーの講師を務める方が書いており、案内メールの例文や、マナーとしてこういう所は押さえておくべき!といった詳細なアドバイスが載っています。

この記事を元に、自分の会社仕様に書き換えていくのもいいかもしれませんね!

 

 

まとめ

仕事でも、日常生活でも、頼り頼られることって大事ですよね。頼ることでパンクせずにすんだり、頼られることで自分の存在価値を感じたりします。
そんな人生において大切な“頼る力”を幹事の経験を通して“ついでに”身につけちゃいましょう(。・ω・。)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。