iPadをディスプレイ化「duet」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

iPadをディスプレイにできたらと思いませんか。と言っても一応色んなアプリがあるにはあるのですが、遅延が酷くはじめは珍しさから使いますが、段々と起動しなくなるんですよね。

今回ご紹介する「duet」は遅延がほとんどありません。充電する時のケーブルを使用することで遅延をなくすことができるのだとか。

duet 導入方法

まず、パソコン側とiPad側のふたつでソフトをインストールしないといけません。

パソコン側から

duet_web

duet公式ページ

公式サイトの「Download Duet」をクリックするとduetのダウンロードが開始されると思います。そのままインストールしてください。

ダウンロードすると出てくるこのウインドウの「Download For iOS」をクリックするとiTunes Previewに飛びます。

download_for_ios

こちらからダウンロードすることも可能です。

itunes_duet

、、、がこんなことしなくてもiPadから普通にダウンロードできるので今回はiPadからダウンロードしましょう。

Duet Display導入方法

ipad_duet

iPadで「Duet Display」と検索するとこのようにでると思います。

ここからインストールしてください。

got_it

この画面は「パソコン側でduetをインストールしてくださいね。」という画面です。
上から順にやっていれば特に意味はないのでとりあえずスルーしましょう。

duetでディスプレイ化

とても簡単です。

パソコン側でduetを起動します。
iPad側からDuet Displayを起動します。(この時ケーブルがパソコンと接続されているか確認してください)

connect_to_mac

たったこれだけでディスプレイ化します。
簡単ですよね。

iPad_dsk

duet設定変更

settei

duetの設定変更ですが

duetを起動して右下のギアマークから設定できます。iPadのディスプレイの画面の綺麗さや処理の早さ、位置なんかも設定できます。

display_henkou

特別何かがあるわけではないなら、iPadの位置だけ変更して他は初期設定で大丈夫だと思います。iPadの位置は「システム環境設定>ディスプレイ>配置」またはduetメニューの「Display Arrangement」から変更可能です。

display

感想

実際に使ってみて遅延はほとんど感じなかったです。iPadをディスプレイにするという選択肢は全然ありだと思います。
是非皆さんも使ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。