バレンタインにフェアトレードチョコレートはいかが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もうすぐバレンタイン!恋人や家族、いつもお世話になってる大切な人たちに「何をプレゼントしようかな?」「どのチョコレートにしようかな?」なんて考えている人も多いはず。
そんな方にひとつご紹介したいと思います。フェアトレード製品のチョコレートです。

フェアトレードって?

【ピープルツリー】 フェアトレードチョコレート50g×全8種類セット 乳化剤不使用

フェアトレード」っていう言葉を初めて聞く方もいらっしゃるかもしれません。
ぜひこの機会に知って欲しいと思います。

コーヒーや紅茶、バナナやチョコレート。日常を彩るたくさんの食べ物が世界の国々から私たちの手に届けられています。それらを生産している国、人々のことを考えてみたことはありますか?

日本では途上国で生産された日用品や食料品が、驚くほど安い価格で販売されていることがあります。一方生産国ではその安さを生み出すため、正当な対価が生産者に支払われなかったり、生産性を上げるために必要以上の農薬が使用され環境が破壊されたりする事態が起こっています。

生産者が美味しくて品質の良いものを作り続けていくためには、生産者の労働環境や生活水準が保証され、また自然環境にもやさしい配慮がなされる持続可能な取引のサイクルを作っていくことが重要です。

フェアトレードとは直訳すると「公平な貿易」。つまり、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す「貿易のしくみ」をいいます。

引用元:フェアトレード・ラベル・ジャパン / Fairtrade Label Japan「フェアトレードミニ講座」

なぜフェアトレードが必要なの?

みなさんもニュースなどで発展途上国の子どもたちが、学校にも行かず時には危険な現場などで一生懸命働く姿を見たことがあるかもしれません。そうして作られた製品はどこへ行くのでしょう?
私たち、先進国と呼ばれる国々です。

カカオの例を見てみましょう。

開発途上国では実に、1400万人もの人たちがカカオ生産によって生計を立てていると言われています。日本人も大好きなチョコレート。その原料であるカカオ豆はどこでどのように作られて私たちの手に届けられているのでしょうか。

開発途上国が抱える深刻な問題の1つに、児童労働があります。その数は2億1800万人、実に世界の子どもの7人に1人にあたります。その温床の一つとして近年明らかになってきたのが、カカオ豆の農園の状況です。児童労働が起こる要因には、社会の慣習や伝統、文化的背景、教育制度や福祉制度の未整備もありますが、多くの場合、経済的「貧困」がほとんどだと言われています。

国際フェアトレード基準では、児童労働を禁止し、安全な労働環境を保証しています。そしてなによりも児童労働を生み出す「貧困」の連鎖を断ち切るため、乱高下する国際市場価格に対し、生産者が対価を得られるよう、持続可能な生産と生活を支えるフェアトレード価格を設定しています。フェアトレードにより生産者が適正で安定した収入を得ることができれば、子どもを働きに出すようなこともなくなります。フェアトレードで得たプレミアム(奨励金)では、生産者たちが自ら地域の教育や医療など社会基盤の充実を図ることも可能になります。また、フェアトレードでは環境面でも厳しく基準が定められており、森を破壊したり、危険な農薬を使ったりすることなく自然環境を守りながら生産されているのです。つくる人も食べる人もハッピーになれるフェアトレードチョコレートを選んでみませんか?

引用元:フェアトレード・ラベル・ジャパン / Fairtrade Label Japan「なぜフェアトレード?」

バレンタインをきっかけに!

a0a865b29233859934780ad6072106df_s

このフェアトレードチョコレート、私もときどき食べますがとてもおいしいんですよ!
スーパーやコンビニの店頭で販売されているものもありますし、インターネットでも購入できます。
チョコレート以外の製品もあるので、甘いものが苦手な方でも大丈夫。
今まで知らなかった方もこのバレンタインをきっかけに知ってください。

フェアトレードやフェアトレード製品について詳しく知りたい方は、下記のサイトをぜひ訪れてみてください。

フェアトレード・ラベル・ジャパン / Fairtrade Label Japan

まとめ

個人でも簡単に社会の仕組みを整えるお手伝いが出来るフェアトレード製品。
大切な人に日頃の感謝の気持ちを伝えると同時に、一緒にフェアトレードについても考えてみてはどうでしょうか。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。