その醤油、本当に「醤油」ですか?蔓延するニセモノ調味料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたが醤油だと思っている“ソレ”、体に毒だって知ってますか?醤油の原材料は大豆・小麦・塩、これだけです。いま家にある醤油、スーパーに並んでいる醤油、「原材料名」のところには何が並んでいますか?もう目を反らせない食の危機がここにあります。

その醤油が安いのは“カス”だから

醤油のラベル裏に書いてある「原材料名」を見てみてください。
「脱脂加工大豆」って書いてありませんか?

「脱脂加工大豆」って何でしょう?
脱脂加工大豆とは、その言葉の通り、大豆から油を抜いた加工品です。製造方法は、大豆に熱や圧力を加え平らに押しつぶし表面積を多くした後、ヘキサンという薬液に浸し油分を溶出させるという方法です。
このヘキサンという薬液は、一般的には、イソヘキサンを主成分とするスプレーの「ブレーキクリーナー」や「パーツクリーナー」として油脂や金属粉による汚れの除去に重宝されています。

参考:醤油の原料を見てふと気がついた。脱脂加工大豆って何?

 

怖くないですか?一応、人体に影響のない程度の使用量ということになっていますが、それってどうやって確かめるんですかね?
知らない人が多いってだけで、私たちが口にしているものの多くが工程の途中で消毒液漬けになっていたりします。安くて、長持ちして、食べてすぐに問題が起きなければいいんですから。
その一つだけで問題がなかったとしても、そういうものを沢山口にしていたらどうなるんでしょうか?

 

脱脂加工大豆

 

醤油は本来、1年以上の手間と時間をかけて作るものです。それをもっと早くコストをかけずに作るために、「脱脂加工大豆」を「塩酸」で分解して、「グルタミン酸ナトリウム(化学調味料)」で“うまみ”を出し、「甘味料」で甘みをつけ、「酸味料」で酸味をつけ、「増粘多糖類」でコクやとろみを出したり、「カラメル色素」で着色したりします。香りづけのために本物の醤油を少々足してみたり、日持ちをよくするために「保存料」を入れたり・・・

こうやって私たちの“醤油”は完成します。

 

体に良いと言われているのは“本物の”日本食

残念なことに、日本の食卓にかかせない「さ・し・す・せ・そ」のすべてにこういったニセモノが存在します。それらが体に良いと言われているのは、本来は発酵食品だからです。

  • 「さ」・・・砂糖(とう)
  • 「し」・・・塩(お)
  • 「す」・・・酢(
  • 「せ」・・・醤油(うゆ)
  • 「そ」・・・味噌(み

醤油やみりん、酢、酒、味噌なんて発酵して作られているものです。
大量生産されている大企業の醤油や味噌が1年も2年もかけて作られていると思いますか?
しかもたった200円300円という値段で。

醤油や味噌などの発酵した調味料は最低でも1年はかかります。
安価な調味料がそんな期間きちんと熟成させられているわけがありません。

この熟成期間を短くするために醸造アルコールというものが使われるんです。

それによって発酵した風に仕上げられているんですよ。

自然な力で発酵していないから、腐りやすい→防腐剤添加
自然な力で発酵していないから、色が薄い→カラメル色素などの着色料添加

みりんに至っては「みりん風調味料」なんて親切な名前までついていますね。
「風」ってことはみりんではないってことなんですよ。

他の調味料だって同じです。
スーパーに置かれている商品はほとんど「醤油風調味料」「味噌風調味料」「酢風調味料」なんですよ。

本物の調味料と偽物の調味料何が違う?高価な調味料のお得な使い方 [お料理]

 

こういったニセモノ調味料には、お醤油の魅力☆カロリー塩分が心配?実はうれしい成分たっぷり♪偽者調味料の危険!〜誰でもすぐできる見分け方〜で書かれているような、本来のうれしい成分や効果はなく、癌や生活習慣病の誘発につながります。

じゃあ、なぜそんなものを売っているのか・・・消費者が選ぶからです。
消費者である私たちが、『中身』よりも『値段の安い物』を選ぶから。

 

国産だから安心

日本で製造販売されてるんだから危ないものじゃないでしょ

人体に影響ないって言ってるから大丈夫でしょ

 

本当にそうでしょうか?
本物の醤油は本当に高いでしょうか?
ニセモノの醤油は本当に安いでしょうか?

 

ぜひもう一度食卓を見直してみてください。

 

まとめ
今回はかなり怖いことを書きましたが、日本の食の安全が危機的状況なのは確かです。「安さ」や「便利さ」の裏には、化学調味料や食品添加物・農薬などがあります。
「安さ」「便利さ」を得るために、私たちは何を「代償」にしているのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。