季節のかわり目はスキンケアを見直すチャンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

自分の肌質、わかりますか?

脂性肌、乾燥肌、敏感肌、混合肌・・・いろいろな肌質がありますが、自分の肌質がどれに当てはまるのかご存知でしょうか?
ちなみにシセイドウ ビノラボでは名称を変え、こんな分け方をしていました。

 

いかがでしょうか?この4つのうちでピッタリ当てはまるものはありましたか?
これはあくまで大まかな分類です。また、どこまで自身の肌の状態を理解できているかということも関係します。
オイリーでテカっているから脂性肌、なんて単純なものではありません。逆に、乾燥をカバーしようとして肌自身が皮脂を分泌している場合もあります。そもそも肌質なんて年に何回か変わると言われていますし、一度分かればいいというものでもありません。

 

ホルモンバランスの乱れや気候の激しい変化に対応していくためには日々のケアが大切です。きちんと肌の状態を知れるよう店頭でチェックしてもらえるサービスなどもありますが、“続けやすい”という点ではやはりスキンチェッカーに助けてもらうのが一番だと思います。
毎日、もしくは数日置きにでもスキンチェッカーを取り入れてみませんか?

 

 

スキンケアの迷路

乾燥はシワや痒みの原因、保湿し過ぎても、逆に触りすぎて炎症・色素沈着・バリア機能の破壊を招く、スキンケア成分が常在菌のエサとなり異常増殖してしまうなどなど・・・様々なこわ〜いことが言われていますが、実際にどれが正しいのか、自分のケアは合っているのかよく分かりませんよね。

 

 

だからこそスキンケア商品を選ぶときには時間もかかるし、迷走していろいろな商品に手を出してしまいます。そしてその結果お金も・・・(小声)
試供品があるとありがたいのですが、効果はなんとなくという感覚でしか分かりません。そんな時にスキンチェッカーがあれば、効果を数値として見ることができます!情報に踊らされることなく、今回のケアが自分にとってどうなのかを自分自身で知ることができるのです。これってとても大きなメリットだと思いませんか?

 

それにとても単純ですが良い結果が見れると嬉しいですし、今のスキンケア方法で間違っていないんだと確認できれば自信を持ってそのケアを続けられます。どうなんだろうな・・・と迷いながら続けるケアは意外と苦しいですし、もしかしたらせっかく良くなりかけていたところで諦めてしまうかもしれません。こういうことって誰にでも思い当たる節はあるのではないでしょうか?

 

 

スキンチェッカーの選び方

スキンチェッカーは数秒お肌に当てるだけ、というものがほとんどです。しかし、その機能はバラエティに富んでいます。
以下の3つに注目して、毎日のケアのために知りたいポイントを考えてみてください。

  • 測定項目
  • 表示方法
  • その他の機能(測定履歴や紫外線チェック機能など)

 

測定項目は水分量・油分量・柔軟性・ハリなどがあり、測定した結果は%で表示されたり、0を基準に11段階で表示されたりします。ひとつの機種でも水分量・油分量は11段階表示だけれど、ハリは5段階のみなど測定する項目によって異なる場合もあります。
いろいろ見てどちらにしようか迷っているという場合は、%表示の方が細かい測定ができますのでオススメです。

 

美ルル スキンチェッカー 肌チェッカー フェステ 美肌キープ 水分・油分チェッカー

 

その他、測定履歴を残せるものや紫外線をチェックできるもの、美顔器と一体になっているものや、スマートフォンと連携して測定履歴をアプリで管理できるものなど様々な商品が出ています。測定履歴を何回残せるのか、何をどこまで細かく測定してくれるのかは機種によって違います。

選んでいるうちに高性能なものに気がいってしまうかもしれませんが、たまに店頭でのスキンチェックを併用するという手もあります。
あくまでも日々のケアの中で自分が何をどこまで知りたいのかを基準に機能と価格を比べてみましょう。

 

まとめ

スキンチェッカーは日々のお手入れの効果を“目に見える化”してくれるものです。
自分にあったスキンケアを確認して、季節の変わり目や年齢による肌の変化を乗り越えましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。