布ナプキンがくれる幸せ、知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

我慢できない生理痛、原因がわからない不妊・・・お医者さんは教えてくれないけれどあなたを苦しめている原因はケミカルナプキンかもしれません。この苦しみから解放されるならどんなことでも試してみたいっ!そんなあなたは、ぜひ布ナプキンを使ってみてください。

布ナプキンって知ってる?

まず、この記事では生理について結構赤裸々に書いていきます。男性の方は抵抗がある人もいるかもしれませんが、知識を広げるつもりで読んでみてください(笑)女性のことを気遣いやすくなったり、理解するきっかけになれば幸いです。

 

この記事を読んでいる人の中で、布ナプキンを知っている人はどれくらいいるでしょうか?
布ナプキンを使っている人はどれくらいいるでしょうか?

布ナプキンとは、一般的に使われているケミカルナプキン(紙ナプキン)の使用によって起こる様々なトラブルに我慢できない!という人たちが1990年代後半から使い始めたものです。ケミカルナプキンと違って、名前の通り“布”でできています。だから、ケミカルナプキンから切り替えて付き合っていくのは結構大変なのですが、それでも選ばれているのにはワケがあります。

 

布ナプキンの使用によって改善されるかもしれないこと

  • デリケートゾーンの痒み・かぶれ
  • 生理痛
  • 月経不順
  • 血量や血液の状態
  • 子宮トラブル
  • 基礎体温向上

 

女性の身体を自然な流れに戻し、こういったトラブルを改善してくれると言われています。それによって、病院では不妊の原因がわからないと言われていた人が自然妊娠することができたり、生理の度に鎮痛剤や抗うつ剤を飲まなくてよくなったり、「もっと早く使っていれば良かった!」という後悔の声があるほどです。

 

っていうか、ケミカルナプキンがこういうことを誘発してるっていうのが逆に恐ろしいですよね。。。
一週間くらい石油・化学製品をデリケートゾーンに当て続け、嬉しいはずの吸収力によって必要以上の血液を吸収されて冷えたり、長時間交換しなくなったり、、、便利でとてもありがたいのに自然な身体のバランスを崩してしまうんです(/ _ ; )
そして、それは育児や介護で必要な紙おむつにも同じことが言えます。。。

 

そもそも昔はどうしてたの?

とはいえ、「えっ、布ナプキンってどうやって使うの?っていうか、そんなので大丈夫なの??」と便利な生活に慣れきってしまっている私たち(特に症状の重い人)は、ケミカルナプキンを使わないことに不安を覚えてしまうと思います。

じゃあ、ナプキンなんてなかった時代はどうしてたんでしょうか?

 

【生理の歴史】「月経」という言葉は古事記からあった! 昔は生理にふんどしを使用では、ちょっとコミカルに結構ショッキングな事実を解説してくれています。生理に関して歌詠っちゃってるのにはビックリしました。笑

「月経」という言葉は、我が国初の歴史書『古事記』にすでに登場しています。ヤマトタケルは、前々から「エッチしようね」と約束していた豪族の娘・ミズヤヒメと再会するのですが、その日彼女は生理でした。
経血のシミが彼女の衣の裾についており(笑)、ヤマトタケルはガッカリして「生理じゃーん」と歌を詠みます。ミズヤヒメは「あなたが長いこと来ないから生理になったんじゃーん」と返歌しました。ヤマトタケルは「そこまでいわれたら、男がすたる」と感じたのでしょうか、生理中のミズヤヒメとエッチしてしまうのでした。ワイルドすぎる。

 

他にも、ナプキンの原型は平安時代にはすでに存在していて一般には「股ふさぎ」という露骨なネーミングで呼ばれていたとか、紙類の値段が下がった江戸時代には和紙を膣の中に詰めていたとか、しかもそれを再利用していたとか・・・(O_O)Σ(・□・;)イヤイヤイヤイヤ想像するだけでゾッとする!と衝撃を受けずにはいられない内容が書かれています。

でも、昔の女性は今に比べて生理期間が短く、症状も軽く、なんと月経血をコントロールできていたそうです!!羨ましいっ!!!
布ナプキンを使えばこういった元の身体へ近づけるということなんでしょうか。

 

布ナプキンの使い方・お手入れ

さて、それで現代の布ナプキンはどうやって使うんでしょうか?

布ナプキンでもいろいろあるみたいなんですが、今回は布ナプキン&子宮ケア総合専門店コトリワークスさんのオーガニックリネンの布ナプキンを例に、使い方やお手入れについてご紹介します。

 

まず、種類はこんな感じです。

 

おりものシートや羽根つき一体型の使い方はケミカルナプキンと変わりません。羽根で止めて、都度すべてを取り替えます。もう一つの使い方は、ホルダーと吸収帯や3つ折プレーンを組み合わせて、吸収帯など上に乗せているもののみを交換するタイプです。ホルダーも一応吸収力はありますよ!

 

と、まぁ使い方自体はケミカルナプキンとほとんど一緒です。
問題なのは、持ち帰って洗わなければいけないこと!!

持ち帰るっていう時点でかなり抵抗があるのですが、ただでさえ仕事して疲れて帰ってきて、プラス生理でしんどいのに持ち帰ったのを洗わなきゃいけないんですか?!と、私は思ってしまいました。。。だって辛くないですか?

重曹・合成洗剤・お湯 大さじ1   中の血液を押し出すように

洗い方は洗剤を混ぜた水に3時間くらいつけおきして、血液を押し出すように洗ったら普通に洗濯機で洗うだけなんですけど、夜やるにしても朝やるにしても大変ですよね。そして家族に見られないようにしたい・・・
いろんな心配があって個人的には布ナプキン100%にするのはムリだな!と早々に諦めたので(笑)、ケミカルナプキンにのせて使うタイプのものや、おりものシートだけとか、休みの日だけとか、一部を布ナプキンに変えようと思いました。

 

実際、ケミカルナプキンにのせて使うタイプのものを使い続けるだけでも3クール(生理3回)くらいで血液がきれいになるなどの変化が表れるそうです!
そんなことより体質改善が最優先!って人は「今スグ始める布ナプキンセット」などフルセットで買っちゃった方がいいかもしれません。

 

どちらにせよ、無理のない範囲で続けること、それが一番大事ですね。
紙おむつについても少し触れましたが、育児や介護だってただでさえ大変です。頑張らない!布おむつ育児。ママもベビちゃんも楽しんでいきましょうでは、自分ルールを決めて“頑張らない”ことが書かれていてとても共感できました。
疲れているママさん、介護を頑張っている方、読んでみてください。抜くところは抜いて大丈夫です。

 

あ、ちなみに布ナプキンを洗うのにオススメされている洗剤、大掃除3銃士を使ってピカピカで気持ちのいい家にしよう!で紹介した3銃士の1人です。笑
布ナプキンのためにわざわざってわけではなく、いろんなことに活躍してくれる洗剤なので買って損はないと思いますよ(^。^)

 

まとめ

先輩たちのように「もっと早く使っていれば良かった!」って後悔できるくらい良い効果があると嬉しいですよね!布ナプキンはそれぞれ拘りがあるようなので、もし合わなくてもいくつか試してみてください( ^ω^ )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。