今日からできる!肌を綺麗にする3つのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

肌を綺麗にしたい!なんて老若男女誰でも思いますよね。そこで今回は私が1ヶ月続けたら劇的に肌が綺麗になった方法をご紹介します。

実際に効果があったことですので、是非皆さんも試してみてください。

洗顔方法を変えた

洗顔専科 パーフェクトホイップ

まず洗顔方法が間違っていないか?ということです。今となってはご存知の方も多いと思いますが、正しい洗顔とは「泡」で洗うんです。

泡で洗っていない方は是非試してみてください。もしかしたら、それだけで肌トラブルが解決するかもしれないですよ。

(1)まずは手を洗う

よく泡立てるために、まず手を洗います。

(2)洗顔料を良く泡立てる

次に、洗顔料を細かい泡を作るように良く泡立てます。具体的には洗顔料を利き手とは逆の手の平に乗せ、少し窪めて、手のひらをボウルに見立て、利き手の指先3本で水を混ぜながら良く泡立てます。苦手な方は泡立てネットを使っても良いでしょう。

(3)Tゾーンから優しく洗い始める

もちもちの泡が玉子1分ほどの大きさまで出来たら、手と肌の間にクッションの様に泡を乗せ、まずはTゾーンや顎など、皮脂が多い部分からやさしく洗い始めます。なるべく指がお肌に触れないようにしましょう。

(4)目元や口元は泡を乗せるだけで十分

乾燥しがちな目元や口元などは、泡を乗せるだけで十分です。

(5)ぬるま湯で最低20回以上すすぐ

洗顔料をぬるま湯で最低20回以上はすすぎ、洗顔料がお肌に残らないようにしましょう。お湯の温度は33℃~36℃くらいが理想的です。

(6)清潔なタオルで顔を押さえる

すすいだあとは、清潔なタオルで顔を押さえるようにやさしく水分を取りさります。

(7)洗顔後はすぐに保湿

洗顔後の肌から水分が蒸発する時に角層の水分が奪われる過乾燥になりがちです。3分以内に十分に保湿をするように心がけましょう。

意外と知らない人が多い”正しい洗顔”

洗顔後フェイスパックで保湿

歌舞伎フェイスパック KABUKI FACE PACK

やはり、ここで差がつくかなと。1週間に一度くらいのペースでフェイスパックを使ってします。その際シリコーン潤マスクフェイスマスク用を使いパックの乾燥を防ぎ長時間保湿することができます。

ヒルナンデスで紹介!100円シリコーン潤マスクフェイスマスク用

化粧水や乳液で保湿

化粧水で肌を保湿して、乳液で蒸発しないように蓋をします。このときにオイルなんかも使うといいです。ホホバオイルやコメ油なんかがオススメです。

化粧水に混ぜるだけでシミやそばかすに効く!話題のコメ油

手使用の時は手のひらで。
手またはコットンの時はコットンがおすすめです。

パタパタ叩くように使うと、
肌の水分がとびやすいので、
どちらにしても、おさえるような撫でるような感じがいいと思います。

コットンの場合は、
はしっこをとじてない、さけるタイプのモノがおすすめです。
指がタテに一本透けるくらいの量で、
大きく円を描くようにチカラを入れず同じ所を2、3回撫でます。
洗顔後や化粧品をつけた後、
一瞬だけ皮膚がうすピンクというか赤みが帯びる部分があれば、
肌荒れしている部分ですので、
重点的につけてあげるといいと思います。

乳液も同じつけ方で、
化粧水に使ったコットンと違う新しいコットンを使います。

基本的に洗顔したら必ずつけます。
洗顔は朝晩だけで十分ですが、
洗顔回数が一日三回以上ですと乾燥します。

Yahoo!知恵袋 化粧水、乳液の正しい使い方を教えてください!…

まとめ

この3つのことをしてみて、肌が「綺麗になったね」と言われるようになるほど綺麗になりました。
皆さんも是非!たった3つのことです。試して綺麗になってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。